:::::みんなのブログ:::::2010年05月

Illustrator:ブレンドを作成してブラシ登録(動画)

 Illustratorでのブレンドを使って、ブラシを登録するTipsが紹介されていました。
動画は広告が初め流れます。
特に英語が知らなくても、基本操作を理解していれば出来る物ばかりでした。
私はsafariにAdBlockerを入れてるためか閲覧出来ませんでしたが、FireFoxなら大丈夫でした。

Quick Tip: A Gradient Brush?

古いバージョンは出来るかどうかは…たぶん出来なかった気がします。


もう二度とやりとうない動画の方が解放されたと思ったら、今度はInDesignを片付けなければならず…悩みどころが盛りだくさんです。

スポンサーサイト

Photoshop:TV画面のにじんだ様なテキストエフェクト

 TV画面のにじんだ様な効果をPhotoshopで作成するテキストエフェクトのチュートリアルです。
変わったエフェクトですね。
スマートオブジェクトは便利だけど…やりすぎるとサイズが…^^;これくらいならいいかなぁ。

Create an Editable On Screen Text Effect using Smart Objects

そんなに難しくなく出来ると思います。
どう使うかわからないけど、これは面白いなぁ…と思う事はとどめておくと何かに使えるかも知れませんね。





なんだか、肌寒いんですけど…私だけなんでしょうか^^;


















Photoshop:CS5のコンテンツに応じて塗りつぶしのTips

 CS5のコンテンツに応じて塗りつぶしのTipsです。
形のあるものは、いくら機能が向上したといっても、ペンツールで選択範囲をつくらないと後で何度も修正をしなくてはならず、するべき所はしないとダメです。

Quick Tip: Remove a Person From a Photo With Photoshop CS5’s Content Aware Feature

miniBridgeの動作は、大丈夫かなぁと思いましたが、快適でした。
私のパーテーションにはもう入れる場所がありませんでしたので、USBの外づけの別ディスクに入れてみましたが、PhotoshopCS5は入れざるを得ないでしょうねぇ。
体験版は本家サイトから、マスターコレクションも用意されていました。
しばらくは、他所の現場との使い勝手の様子見なんですけどねぇ。



世間はiPadで大騒ぎだけど…USB3.0対応のMacが出て欲しいところ…。winで全部揃えようかなぁ…なんて思っています。






Photoshop:木目をリアルに作成

 木目のリアルなテクスチャの作成です。
ファイバーで作る事はどこかで、見かけた気もします。
解説はとっても親切。画像で貼付けてしまってる部分はちょっと訳せませんが、でも、大丈夫でした。

Create a Wooden Texture in Photoshop Optimized for 3D Rendering – Basix

テクスチャ作成は、写真とまた違い、新たな発見が模索出来て、楽しいですねぇ。



…これも作ってしまってもいいかも。










革製のダイアリーを作成してみる

 Photoshopでレザーのテクスチャを作成するチュートリアルとIllustratorでダイアリーを作成するチュートリアルで使ってつくってみました。

Quick Tip: Create Your Own Leather Texture Using Filters

How to Create a Distinguished Personal Diary Icon

一石二鳥にしました。



たくさんの作品を見させてもらって、とてもいい日でした。












50の秀逸なインフォグラフィック

 表組にしたり、グラフにしたりするのはエクセルなどで作成したりしますが、グラフィカルなインフォグラフィックはエクセルではできません。

50 Informative And Well-Designed Infographics

マインドマップみたいな感じや図解の様にして視覚的にわかりやすく工夫された物もありますね。
中には、やり過ぎなのもある様な…。^^;


図解といえば、怪獣図解が有名のようだ。


Photoshop:マウスをリアルに作成

 以前にもマウスは作りましたが、今度はWindowsライクなマウスです。
リソースファイルはありませんから、元になってるフォルムだけ下書きの元にしてパスで正確に形を作る所からになりますね。

How to Create a Mouse in Photoshop

最初のドキュメントサイズは何故か200ppiになっていました。webに使うだけでもないので300でもいいかもしれません。

Photoshop:マジックマウスを描くチュートリアル
マジックマウスが発売されたのは、ついこの間の気もしますねぇ。



チョットだけ、タイトな感じになりそうです。こんな時にはサボりたい病が…。

















Photoshop:金属のメッシュを作成する

 金属のメッシュの素材を作成するチュートリアルです。 
似た様な素材は既に作ってはいますが、一から素材を作成する事はいい事なので早速、スタイルに登録してしまいましょう。
チュートリアルには、基礎的な部分が記されています。作成しながら作って覚えたいですね。

Quick Tip: Create a Carbon Mesh Background in Photoshop

よく使う素材かもしれませんね。
いつも、作ってみて思うのですが同じ様に作れた時、なんだか楽しくなります。
教えて貰える事は有り難い事だし、基礎的な事でも違った考え方と同じ考え方だったりなど、知れていいですね。


ソフトはバージョンアップしていきますから、基礎でも作ってしまう事は必須だと思います。リソースファイルは後からダウンロードする事を薦めるのはそういう事なんですけどね。










Photoshop:六角形のボカシのエフェクト

 Photoshopで作成する六角形ブラシを作成してのボカシのエフェクトです。
円形のバリエーションが確かあったような…。

Hexagon Bokeh Effect in Photoshop

ブラシに早速、登録ですね。
チュートリアルではわかりにくい部分があるかも知れません。リソースファイルを後でダウンロードしてみてもいいかも知れません。



タブン、運動不足なのか足をつってしまい、悶絶してました。













Illustrator:8頭身の人体を描く

 8頭身の人体のプロポーションを理解しよう…ということなんでしょうか。

Modeling the Human Body in Adobe Illustrato

はかって描くとことは、紙で描くのも同じだけど…。
下描きも無しでは、大雑把な部分はとれても、細かい部分はちょっと描きにくいです。
参考に。


ヒドすぎる滝雨でした。









Illustrator:TOYOTAロゴマーク作成

 Illustratorで作成する「TOYOTA」ロゴです。
簡単そうに思えますが、正確な作図と基礎が試されるチュートリアルです。

Create the Toyota logo

グラデーションは透明を使わないとダメですね。
細かい部分の色の数値が違うところもありました。どこをどう削ればいいのか、わかりにくいかも。
45分で出来るとは記されていますが…整列で中心に揃えるなどしないとダメっぽいです。



リコール問題があった大きな日本の企業。













Photoshop:ソーシャルメディアのUFOアイコン

 UFOアイコンをFacebookなどのロゴを使ってのアイコン作成のようです。

How to Create a Social Media UFO Icon

Facebookはあまり馴染みはないですが、Twitterならアカウントをとってされてる人もいるのではないでしょうか。

作成はこの通りにすればだいたい出来ます。



様々なソーシャルサービスがありますが、最近メンドクサクなってしてません。あれこれとする事が趣味でも仕事でも増えますね。









Photoshop:動きのあるバナーを作成する

 Photoshopで作成するバナーです。
アニメーションタイムラインを理解しようという事だと思います。他のFlashなどのソフトで作るという事ではないです。
このあたりもPhotoshopの基本的な操作になっています。

Design an animated banner in Photoshop

リソースファイルはダウンロードしても意味はありません。
作って自分で理解するチュートリアルだと思います。



フォントは無難なヘルベチカ。スペルが間違っていたらごめんなさいm__m

















Photoshop:CS5の新機能の部分

 細かい部分は記されてないとは思いますが、Photoshopの新機能の部分だけ知りたい方は以下から。

フォトレポート:アドビ「Photoshop CS5 Extended」のスクリーンショット

切り抜きが、イマイチらしいです。
ある程度の補正、チャンネルいじりか、そしてプラグインはまだ必要らしい。


ボタン一つで簡単に出来れば世話ないけど、元々アナログ使用だった写真の世界をデジタル使用にしてるので、ある程度の理屈は知っておくべきかもしれませんね。

タブレットでAfter Effects CS5を使う

 After Effects CS5をタブレットでの使いこなしが動画で紹介されていました。
CS4でも一緒なんですが^^;

まぁ、買って下さい…というPRなんですけどね。

After Effectsはモニターの画面をデュアルにしないと、慣れればそうでもないけど、豆粒さわってるみたく…出来るならば関わりたくない。
ワークスペースを切り離せ…と言う事なんだろうけど。

macなら、システム環境を触らせてもらえないとタブレットのカスタマイズが出来ません。
出先でセキュリティの関係か、システム環境を触らせてもらえない所もあり、「そんなに私は信用出来ないんかい…」などどガックリしてマウスで我慢してる場合もあります。

WACOM PRODUCTS & ADOBE® AFTER EFFECTS® CS


CS5は仕事関係では入れるかどうかは不明。個人的には遠くない未来、入れるかもしれない。


Illustrator:立体的なグラフを作成するヒント

 Illustratorのグラフの機能を紹介されていました。
難しそうなパイチャートだけやってみました。他は特に基本的な作成かな…^^;

Create Beautiful 3D Graphs and Charts in Illustrator

ワイヤフレームでアピアランス分割すると、複雑すぎてパスを選びにくい気もします。
私は艶消しににして、分割。後はチュートリアルと同じにしました。

色々な考え方があるんですね。



ついに扇風機出しました。ムシムシしそうです。

















Photoshop:CS5のチュートリアルムービー

 時期バージョンPhotoshopCS5のレタッチ機能についてのチュートリアルムービーです。
予習ですね。
Complete Free Chapter Of Photoshop CS5 Training Videos…から、他のチュートリアルも閲覧出来ました。

Working With Content Aware Fill - Photoshop CS5 - Free CS5 Video Clip From Total Training

赤目修正がついてましたね。
一つの写真で殆ど出来ない事などなくなったPhotoshop。早く、家に帰れるかもしれません。
ページの下記事には、プラグインソフトの紹介もされていました。シェアです。


習うより慣れろ…ですかねぇ。











photoshop:バーコードを作成する

 Photoshopでバーコードをポートフォリオなどのダミー作成するチュートリアルです。
実物のバーコードをスキャナで読み取り…そりゃまぁ、そうなんですけどねぇ。
考えたら、スキャニングしたものを整えたり探したりしてるより、仮にダミーでするなら、作ってしまった方が早いかもしれません。

Quick Tip: Create a Barcode Sticker in Photoshop

因に、チュートリアル画面のPhotoshopのバーションはCS5。
海外では発売が早いのか、もう、入れているんですねぇ。…気が早い。
他所様の事情も、考えずにバージョンUP出来ないし…。何よりも高額です。^^;



いずれの日かインストールするだろうけど。バージョンUP一年毎はキツい。











Photoshop:アブストラクトなパターンイメージ

 Photoshopで作成する抽象的なイメージをパターンで作成するチュートリアルです。
ドキュメントサイズはA3、300ppi。ポートフォリオなどの表紙やインデックスに使えると思います。

Create an Abstract Design with Patterns in Photoshop

始めの段階から、色決めもされています。Kulerなども確かに便利ですが、決めるのは結局自分が選ばないとダメですもんねぇ。


他力本願…^^;













Photoshop:水滴をレイヤースタイルで作成する

 Photoshopで水滴を作成するチュートリアルです。
レイヤースタイルでエンボスとかけてするよく知られているやり方になっていましたが、ちょっと違う効果も付け加えられていました。

Create Realistic Water Drops in Photoshop

これは便利。
他にも作り方はあった気がしますが、つくって、スタイル登録しておきました。



月曜は一番、疲れますね。













Alongkorn Sanguansookさんのキャラクターデザイン

 とっても素敵なキャラクターデザインです。
なんと名前を日本語で書いてしていいのでしょうか^^;タイの方のようです。
翻訳すると本国で一年兵役を終え…ということなので、兵役がない日本の「平和」の大切さあらためて実感します。

The Fantastic Art of Alongkorn Sanguansook

Flickrからは数多くの作品が見る事が出来ました。日本での旅行した時のプライベートな写真もありました。
Flickr: GuGGGar's Photostream
グラデーションの使い方が記事にも記されてる通りに、とても奇麗です。


今、タイの国自体が大変ですから、早く解決するといいですね。


Photoshop:ペンと封筒のアイコン

 Photoshopで作成するペンと封筒のアイコンです。
レイヤースタイルの使いこなしになっていました。

Draw Golden Pen and Envelope Icon in Photoshop

作り込む過程で、同じ様に出来ないのは、使い来なせていない事を気づかされると思います。
細かい部分の光具合は、お好みで。

リソースファイルは後から、ダウンロードして、我慢した方が楽しいチュートリアルです。



歩き疲れて、夕食を食べた後の記憶がありません。














ベクトルデータがフリーでダウンロード可能な「Love Vector Free 」

 LVF Exclusive – FREE COMMERCIAL USEから商用利用可能なベクトルデータがダウンロード出来るようです。後は、個人利用のみかクレジット表記かもしれません。

Love Vector Free | ACTUALLY Searchable AND Browsable + Damn Good Tags!!!

落としてみないと、使える物かどうかは不明です。作者が明記されていたり、©や®などのコピーライトのついているものはヤメておいた方がいいのかもしれませんね。


カレーうどんを食べても、汗はかかない。


Adobeが「We ラブ アップル」広告を展開

 FlashのiPhoneしめ出し問題で、Adobeと仲が悪いApple。意外なかたちで反撃に出たのだそうです。

Adobeが「We ラブ アップル」広告を展開、Flash締め出しを批判

そんな事に、お金をつぎ込むくらいなら、ソフトの権利を安くしたらどんだけ応援する。
ハードが広く受け入れられてるらしいので、「入れさせん…」と言っている方は強気です。立場は弱いんじゃ…。^^:

ハードが売れなくなる様に、祈るしかない…とか。


…一口のせて欲しいのもこれを見ると、わからんでもない。


春らしい三つ折りのリーフレット

 春らしいテキストエフェクトの作成です。
テンプレートはサインアップしないとダウンロードは出来ませんが、デザインは参考になると思います。

Design a Fresh Floral Logo in Time for Spring

なんでもかんでも、落としていいというわけでもないので、見習うべき所は、一から作ってしまった方がいいのかもしれませんね。


コンパクトに折り畳む三つ折りのデジタル化はまだ出来まい…。


ipadの壁紙サイト

 話題のiPadの壁紙です。
壁紙のサイズが知りたかっただけなんですが…^^;

ipadwallpaper.org | Free iPad Wallpapers - hundreds of ipad wallpapers available to download! - ipadwallpaper.org

さまざまな携帯端末が増えてにぎやかですね。
買うかどうかは別として…^^;


春はノート、携帯端末…次は…また携帯端末にするつもりかな?^^;


Copyright © :::::みんなのブログ:::::
当サイトに掲載されている記事および写真、画像の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
2006~2016 minna no blog. All Rights Reserved. 



  • Designed by Fons
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。