:::::みんなのブログ:::::2012年06月

Photoshop:青と赤が印象的なレトロなテキストエフェクト

青と赤のレトロなテキストエフェクト


 青と赤色が印象的なレトロなテキストエフェクトです。
ざっと、見たところ、スタイルで仕上げていく様です。作ってしまった方がどうして欲しいのか理解出来そうです。

Retro Space Text Effect

色々なテキストエフェクトを紹介してくれるので、とても参考になりますねぇ。


はじめて出来た事を、なるべく忘れない様にしたいなぁ。




スポンサーサイト

Illustrator:HDプレイヤーを作成する

HDメディアプレイヤー

 IllustratorでHDプレイヤーを作成します。
形は単純ですが、グラデーションを上手く使って作成します。

How to Illustrate a Vector, HD Media Player

過去何度か、こういう類いのデジタル機器をIllustratorで作らせてもらってますが、何度作っても面白いですねぇ。
楕円と長方形で出来るんですから。


寝不足で、本当に気を失いかけそうな体験をしました^^;すんごい天井回りました。でも…お仕事以外になんか作ってしまいます。仕事は遊べませんもん。^^;


Photoshop:リアルな岩肌

岩肌


 素材をつくってしまうチュートリアルはとても助かります。
大きめで完成した画像をつくってくれていますが、まずは自分で作りたいに決まってます。
早速、高めの解像度でつくっておきたいと思います^^

Learn to Create Realistic Rock Texture

素材は絶対、粗末に出来ませんもんねぇ。
新しいバージョンの照明効果のフィルタはチュートリアルの旧バージョンとはちょっと違うけど、アルファチャンネル選択するという考え方は同じ。
似た様につくれます。

あ、スマートオブジェクトにしておけばよかった。


Photoshop:三角形をモチーフにしたカラフルなポスター

トライアングルなポスター


 先日もなかなか、アイデアが出ず煮詰まった時に、参考にスイッチをつくりましたが、今度もまた創作のヒントになるかもしれません。
見てだいたい、どんな感じで作っていけばいいか、思い浮かべば6割できたも同然だけど…何つくっていいか、出ないと、どうしようもないです^^;
他所の方は、どうやってアイデアを絞り出すのか、参考に見聞きはしますが、出ない時は出ません。
たぶん自分の見ている世界が狭いからかもしれません。

How to create Colorful Abstract Fantasy Background in Photoshop CS5

何かしら見る事も大事なんですねぇ。なかなか難しいです。


限られた時間、まんべんなくいいもの見るって、特に難しいです。


Photoshop:プラスチックなテキストエフェクト

プラスチックなテキストエフェクト


 光沢感のあるプラスチックなテキストエフェクトです。
スタイルをかけたレイヤーを複製をして仕上げる様です。

Easy Plastic Text with Layer Styles In Photoshop

エンボスのかかり具合のバリエーションを選ばないと同じになりません。


スタイルにわかりやすい名前をつけておかないと、後でもの凄く困ってしまいます…^^;



Photoshop:使い古した丸いスイッチを作成する

グランジテクスチャスイッチ


 グランジのテクスチャを使って、丸いスイッチを作成します。
素材は、ライセンスを読んでから利用しましょう。商用利用可能です。

Quick Tip: Create a Round Switch Button in Photoshop

アイデアが煮詰まった時、ジタバタしても仕方ありませんが、何もしないわけにもいかず、調子が良くない時、こういう基本的なものの見方で、何かヒントになると思います。

スイッチ一つで、色んな事が考えますねぇ。


最近、夜は涼しい様な…暑さになれないと、夏は乗り切れないかもしれない。


Illustrator:コンパクトなデジタルカメラ

コンパクトカメラ


 小型のデジタルカメラなんでしょうか。あまり詳しい機種は全然知りません^^;
単純な形の組み合わせで、作成するということだと思います。

Draw a Compact Camcorder in Illustrator

だいたい、書いてある時間内には出来ます。
黒といっても、幅が広い黒い色の表現がありますからねぇ。


運動不足で身体が鈍りますねぇ。


Photoshop:押し出しがユニークな3D機能テキストエフェクト

押し出しの高さがあるテキストエフェクト


 押し出したテキストエフェクトがユニークなテキストエフェクトです。
3D機能のカメラの使いこなしだと思います。

Playing with 3D in Photoshop CS6

どれがどのカメラ操作かわかりにくいと思います。レンダリングに時間がかかります。


Photoshopの3D機能…まだまだ、オマケ。


宇宙のイメージを生かしたポスター

コスミックポスター


 NASAの画像は商用には使う場合には、許可が必要の様です。
奈良なら連絡の話し合いはとれそうですが、^^;NASAは…本当にどうしても必要なら、覚悟を決めてお願いするしかありません^^;
素材を生かしたポスターですね^^

How To Create a Cosmic Abstract Shards Poster Design

サイズは特に指定はなかったですが、どうせ作るならA3かB3で。
アイデアが素敵ですね。


自分の書いたメールの文章を読み直し、よ〜く見ると文章力の無さに情けなく思う今日この頃です。




Illustrator:バラバラになったテキストボックスを一つに

変更前変更前

バラバラになってます…


変更後変更後

 
 バラバラになったテキストボックスを一つにまとめるScriptです。
変なコピペの操作はしなくていいし、これは便利です。
親切な何方がつくってくれました。感謝ですねぇ。

How to Merge the Text Blocks into One in Adobe Illustrator

2バイトOK。IllustratorCS6は大丈夫でした。
改行も出来ました。


雨合羽を着たら、余計、汗をかき全身ずぶ濡れとかわんない…^^;


Illustrator:焼き込まれた様なテキストエフェクト

焼き込まれたようなテキスト


 Illustratorで作成する焼き込まれた様なテキストエフェクト。
Photoshopでも出来そうなエフェクトですね。

Illustrator Eroded Type Style


効果のアピアランスを複製をとって、乗算で重ねる様です。
面白いエフェクトですね。


会議を録音するのも一つのやり方だけど、紙と鉛筆でメモを取らないとどうも肝心な事がこぼれていきます。^^;


Photoshop:3D機能で作成するウエスタンバッジ

3Dバッジ


 ウエスタンバッチを3D機能で作成します。
古めかしい感じを出すので色を最後の仕上げで、抑えないとダメなんでしょうか?
レンダリングにファンが回りっぱなしになるのは、あんまり、嫌だけど…^^;

Create a Realistic 3D Old Western Badge in Illustrator and Photoshop CS6

グループで3Dをかけないと、書いてる意味が通じません。
テクスチャは、似た様な感じがよくわかりませんでした。
こんな感じだろうと思って、使った素材が上手くあわなく、なんとか似た様にしました。

先日、話題のRetina MacBookを実際みると、持ち運び向きではない事を確認しました。画面は奇麗かもしれないけど、意外に重いです。持ち運びするなら軽いAir。




Photoshop:金色のアウトラインテキストエフェクト

完璧な金のテキストエフェクト


 金色のアウトラインが美しいテキストエフェクトです。
色の成分とレイヤーの描画モードで変わってしまいます。

Perfect Gold Text Effect in Photoshop

スタイルの掛け合わせは、組み合わせで作成していくのである程度つくらないと、オリジナルが作れないと思います。
自分のオリジナルのエフェクトを探していければいいですねぇ。

雨が降るうえに、蒸し暑いのとカビと昆虫が元気になります^^;


Photoshop:ディアブロIIIをヒントにしたテキストエフェクト

デーモン


 ディアブロIIIというゲームのロゴをヒントにしたテキストエフェクトです。
悪魔っぽいキャラクターが出てくる…んでしょうか^^;
ディアブロIIIというゲームはどのようなものか全く知りません。

Create a Diablo III Inspired Text Effect in Photoshop

テキストを変えると、雰囲気が違ってきますねぇ。
細身の悪魔が、筋肉質になったみたいな感じです。

素材を上手く生かして世界観を表現するのは難しいと思います。
面白いテキストエフェクトですね。


仕事から帰ってくると、すぐ寝てしまいます。過ごしやすい証拠ですねぇ。



Illustrator:ロリポップキャンディを作成する

ロリポップキャンディ

 
 Illustratorでロリポップキャンディを作成します。
スパイラルツールを使うところまで、イメージ出来ますねぇ。

Create a Swirly Lollipop Using the Spiral Tool


書いてある通りの時間で出来ます。
基本的な使いこなしで作成可能だと思います。


口の中が砂糖漬けです。ごちそうさま。









Illustrator:注射器を作成する

注射器


 Illustratorで注射器を作成します。
ざっと見たところ、細かいパーツをパスファインダで作成する様です。

Create a Detailed Syringe Illustration

細かすぎです^^;
書いてある通りにすれば確かに出来ますが、根気が必要だということは、作らないとわかりません。
Illustratorで、何かを作る時、機能の組み合わせて作成して行くので、適当にペンだけでつくってしまうといつまでたっても仕事がおわりません。

後で、考えたら、パスの先端をパスファインダで作ってしまう方が効率がいいと思います。
全く、同じに作れ、ある意味、感動してしまいます。

いいやり方は、真似をすべきですねぇ。

半袖では寒い…風邪引きそうです。本当に熱出して注射をしてもらうハメになりそうです。


Illustrator:髪の毛テキストエフェクト

髪の毛


 Illustratorで作成する髪の毛のテキストエフェクトです。
髪を表現したものをテキストエフェクトにする面白い発想です。

Create a Stylish, Vector Hair Typography Illustration

複合クリンピングマスクで影を作らないと同じ感じになりません。
髪の束をたくさん増やすと、厚みがある感じに仕上がると思います。


貞子を連想してしまいます^^;

Photoshop:キラキラしたガラスの素材の様なテキストエフェクト

キラキラ光る鱗の様な


 キラキラしたガラスの様なテキストエフェクトです。
ガラスにも見えるし、玉虫色の鱗の様にも見えますね。 

Frosted Glass Text Effect

何かの素材に使えそうな気がします。
特に写真素材を使う事もなしに、フィルタだけで出来ました。


winの5年前の古いパソコンに中古のCUPを変えたら、(一応調べ上げて書いたある通りにしたにもかかわらず)…可笑しくなしました…パソコンは使い捨てに近いのでとても勿体ないです。無駄に冷や汗かいただけでした^^;捨てるつもりは無い。





Photoshop:洗練された金色のテキストエフェクト

スタイリッシュな金のテキスト


 エレガントな金色のテキストエフェクトです。
先日のイメージとは違うのは、フォントや背景素材で印象が違ってくる…という事ですねぇ。
紹介されてる素材は、毎度の事ながら、商用には使えないと思います。

フォントは一応、Freeとは書いてあります。ライセンスを熟読して利用しましょう。
今回は、私はフォントは、遠慮します。


Stylish Gold Text Effect


スタイルで出来るテキストエフェクトは、組み合わせで何通りか、イメージしたものを作る事ができます。
スタイルの足し算や引き算が出来ないと、イメージしたエフェクトがかからないと思います。


解像度を高めに作るなら、調節しないと似た様になりません。




Photoshop:眩い金色のテキストエフェクト

派手な金色のテキストエフェクト


 眩い派手な金ピカのテキストエフェクトです。
リッチな気分になるかもしれません^^;

Quick Tip: Create a Gold Cartoon Text Effect in Photoshop Using Layer Styles

ラッキーなんて、あまり感じた事はありませんが、天を運任せると、私の経験からタイガイ失敗します。


石橋を叩きすぎて、常時アンラッキーです。^^;


Illustrator:線にグラデーションでトロピカルな花を作成する

トロピカルフラワー


 IllustratorCS6の新機能、線にグラデーションで作成するトロピカルな花です。
黒いインターフェースは、選択とダイレクトと間違いやすい。玄人のインターフェースです。

Create a One Stroke Tropical Flower Using Adobe Illustrator CS6

新しいバージョンでなくても確かに、仕事は出来ますが、ある程度、どんな感じか一応知っておいてもいいとは思います。


雨降りで涼しくなりました。蒸し暑いくはないですねぇ。6月って去年こんなかんじでしたっけ?







Photoshop:チョコチップクッキーテキストエフェクト

チョコチップテキストエフェクト


 チョコチップクッキーの写真素材を上手く使ったテキストエフェクトです。
以前に作成した気もします。
美味しそうなので、もう一度作りたいと思います。

Quick Tip: Create a Cookie Text Effect in Photoshop

クッキーの画像はたぶん、商用には使えないと思います。
クッキーをカメラに撮って、フィルタ→スクロールでつなぎ目のないパターン化にすると素材は出来ます。

テキストをラスタライズしなくても、テキストにレイヤーマスクで手作り感を出せると思います。
CS6で作成したので、テキストにレイヤーマスクがとれました。他のバージョンはどうでしたっけ。
確認してません。

クッキーにフルーツグラノーラ入れたら、とっても美味しいです。クッキーなんて確実に太ります…。美味しいものは総じて、体によくないものが多いですねぇ。

Photoshop:透明で光沢があるテキストエフェクト

艶のあるテキストエフェクト


 ブルーの色が鮮やかな光沢感のあるテキストエフェクトです。
ざっと、見るとスタイルを使うところまで、だいたい、理解出来そうです。

Quick-Tip: Create Glossy Plastic Text in Photoshop

テキストを暈しすぎてしまい、テキストがシャープになりませんでした^^;
透明を表現するのは、難しいですねぇ。
考えて作らないと、ダメだという事を確認しました。


昨日から、絶不調です。シャキッとします!







Illustrator:レーティングスターを作成する

レーティングスター


 レーティングスターを作成します。

Create a Set of Detailed, Vector Rating Stars

今回は、IllustratorCS6の動作が可笑しくなり、その対処方法が上手く言ったのでそれも書き留めておきたいと思います。
おかげさまで、今回は途中までしかできてません^^;
 
おかしいなと思ったら:Macintosh 版 Illustrator CS5

私だけの現象なら、いいと思いますが、IllustratorCS6が何故か、動作が怪しくなりました。

パソコンは色んなソフトが、その人の環境にあわせてカスタマイズされているので、adobe様が悪いとは一概には言えませんが、つい最近、入れたところばかりなので機械音痴の私には、原因がわからず、結局行き着いたのは、Illustratorの「環境設定フォルダの再作成」でした。

インタフェースの黒い表示から、白い表示にしたんですが…また、黒いです。

※やはり、気持ち悪いので作り直し。

黒でないと許して、くれないのでしょうか^^;










Photoshop:CS6 3D機能を使ってテントを作成する

3Dテント



 紅白の縞模様が可愛いテントを作成します。
PhotoshopCS6、3D機能の使いこなしになります。前のバージョンと違うところがあるようです。

Photoshop CS6 3D Tutorial – Magical 3D Tent Design

動画とスクリーンショットで詳細が掲載されています。

初心者は3Dの機能がわかりにくいところがあるので、英語が読めなくても、これなら出来ると思います。
チュートリアルを切っ掛けにして、表現の幅を広げる事が出来ますね。

感謝しましょう^^


クルクルカメラアングルを回しても、カメラの位置を初期に戻る様になり便利にはなっています。




Illustrator:卓球台を作成する

卓球


 Illustratorで作成する卓球台です。
グラデーションをシンボルに登録したものをマッピングすると、動作が怪しくなると思います。
チュートリアルで書いてあるやり方でいいと思います。

How to Make a Table Tennis Vector Illustration

アピアランス分割すると、グループの入れ子の状態になるのは新しくなってからも変わってません。


3つ前のバージョンでも仕事はできなくはないけど…Photoshopは買わざるをえない…。






Illustrator:ダイヤモンド(アフリカの星)を作成する

アフリカの星


 私はあまり詳しくはないんですが、アフリカの星というダイヤモンドがあるんだそうです。
それをヒントにIllustratorで作成します。

こういうのには全く縁がないです。

How to Create the Star of Africa Diamond Using Adobe Illustrator and Astute Graphics’ plugins

チュートリアルでは、Illustratorのプラグインソフトの紹介がされていました。
Divide (length)はアンカーポイントが数値入力できるScriptです。
新しいCS6でも使えました。

他にも、素晴らしい便利Scriptがありました…。
どこにいったのか、そのうち出てくると思いますが、英語で名前が書いてあるので「あれなんていう名前だっけ?」…状態なので検索も出来ず、当然すぐには入れられませんT_T

今回のDivide (length)も忘れていました。入れる事が出来、助かりました。


このダイヤで、何個、御座候が食べれるんだろうか…










Photoshop:ミニチュアの世界を3D機能で作成する

desktopscene.jpg

 CS6のバージョン、3D機能を使って作成するミニチュアの世界です。
難しい事はわかりませんが、使い方は作らない事には何も言えませんもんねぇ。


Use Photoshop CS6 to Create a Micro Machines Inspired Scene


使い勝手がイマイチなんですが…使い慣れろ…という事なんでしょうか^^;
予期せずに落ちてしまい、保存がされてなかったなどの…残念な事にはならないと思います。
使い勝手の感想しか述べられません。
操作を慣れないと、難しいと思います。それとモニター画面が小さいと作業がしにくいです。^^;

道は先に角度を吟味してから、レンダリング。
私のつくったセーフティコーンの影が薄いです…^^;

物差しでにじまない線がかけるとか、筆と絵の具の技能もメンテナンスしておく方がいいかも…。筆や絵の具の方が半永久的です。バージョンアップもございません。

















Photoshop:写真をビンテージ風に

ビンテージ効果


 写真をビンテージ風に仕上げます。
こういうビンテージ風にするアクションファイルを紹介されてるサイトも数多くありますが、今回は使い方を学びましょう…という事です。

Quick Tip: Learn How To Create a Vintage Photo Effect in Photoshop


案外、アクションで終わってると思います。あらためて深く知る事が出来ました。

感謝しましょうねぇ^^


新しいバージョンでは、新たに加わった機能がありますから、初心者になりました。初心忘れるべからずですねぇ。あ、気がつけば6月になりました。





Copyright © :::::みんなのブログ:::::
当サイトに掲載されている記事および写真、画像の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
2006~2016 minna no blog. All Rights Reserved. 



  • Designed by Fons
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。