:::::みんなのブログ:::::2012年09月

Illustrator:輝きのあるカラフルな素材

カラフルな背景


 Illustratorで作成するシャイニーでカラフルなバックグラウンドを作成します。
Scriptは、vary_huesとなっていました。そのScriptを使いましょう…という事です。
書いてある事は英語なので、Google先生に聞いてみないと全然ですが、なんとか根性で理解出来ます^^;
たくさん、あるScriptの内のどれかわかりにくいですもんねぇ。

Quick Tip: Create a Shiny Abstract Background

ScriptはIllustratorのプリセットのScriptフォルダに入れます。
cs6でもOKでしたが、カラーをグレースケールに変換しないと同じになりませんでした。

後は書いてある通りにできました。面白いScriptですね。入れて活用します^^


夕方は涼しく、身体を動かすのに最適。もの凄く走りやすいです。蚊は飛んでるけど…。




スポンサーサイト

Illustrator:webラベルリボンを作成する

web用リボンラベル


 何度か作成しているリボン、先日も作成しましたが、人と違う事をしようとすると、やはり細かい部分まで作らないと、ダメなんだなぁ…と思いました。

Create a Set of Glossy Labels and Save them for Web

2通り作成するだけなんですが、どう作成するのか、理解しないと手順通りやるだけでは、アピアランスのどの部分か…途中でわからなくなりそうでした^^;
適当じゃ絶対できません^^;

まだ、蚊取り線香が手放せない…^^;

Photoshop:とっても素敵なラジオアイコンを作成する

ステキなラジオ


 今度は違う意味合いのラジオアイコンです^^;
形は簡単だと思いますが、詳細の部分を作成するのは先日と同じだと思います。
タイトルがラジオ続きでしたので、「素敵な…」としました^^;
スマートでもなしカッコイイでもなし^^;難しいです。

Design a Cool Radio Icon in Photoshop

フォルムのベースはシェープで。
Illustratorで作ってしまった方がいいかもしれないなぁ。
細かい数字はシャープとかしなくて、「なし」にしました。

木陰にいると風が涼しい。天気になると遊びにいきたくなります^^;


Photoshop:ミルク掛けのクッキーテキストエフェクト

クッキーテキストエフェクト2


 ミルク掛けのクッキーの様なテキストエフェクトです。
以前のクッキーのテキストエフェクトというより、液体のバランスかもしれません。

Create an Interesting Cookie Bite Text Effect in Photoshop

クッキーのエフェクトより、私の写真素材は、別の素材を使ったので白いバランスが難しかったです。
写真の素材は上手く使わないと、変になってしまいます。

Photoshop:チョコチップクッキーテキストエフェクト

じっくり煮込んだカレーが、やっと味わえる季節になりました^^

Photoshop:毛皮のテキストエフェクト

アニメルテキストエフェクト


 フサフサの毛皮のテキストエフェクトです。
素材は毛並みのあるフサフサしたアニメルスキンを使い、毛並みをブラシで整えます。

Easy Furry Text in Photoshop

クリッピングマスクにブラシで、毛並みを付けた方がいいと思います。
モコモコのブラシが作成出来て良かったです。

煮込み料理がおいしく感じられる様になりました^^食べてばかりです^^



Photoshop:ペイントで浸食された様なフォトエフェクト

ペイントモデル



 ペイント素材でピクセルを消去していくようですが、消していくだけでは、濃淡が出ません。
面白いやり方だと思います。
チュートリアルは毎度の事ながら英語です。
自慢にもなりませんが、私の英語力はいいとは言えません。ダイタイ…^^;なんとか出来そうです。

PHOTOSHOP TUTORIAL: ERODED FASHION PORTRAITS

モデルさんの写真はアカウントを取ってからですが、こういうオシャレすぎる写真には、肖像権が絶対あり、商用には使えないと思います。
当然、勉強用です。
仕組みがわかれば、簡単です。3時間で確かにできます。

扇風機の風が寒く感じます。

Photoshop:ピュアホワイトのフォトエフェクト

ピュアホワイト


 パールホワイトの様なピュアなフォトエフェクトです。
参考にしたい効果だと思います。

Pure White Portrait Retouch

モデルさんのホクロだけ修正しましたが、後はチュートリアルと同じ感じで。
トーンカーブの微調節かな?

やっと、素麺から脱出…。もう、素麺はいいだろう^^;


Illustrator:webリボンを作成する

鮮やかな旗


 様々なやり方で作成の出来るリボンですが、チュートリアルではIllustratorでパーツを丁寧に作成していきます。
これはこれで、良い作成のやり方ですね。

Adobe Illustrator Tutorial: Create a Set of Sleek Web Ribbons

はじめは、カラーを編集は使い勝手がわかりにくかったですが、無いと困る機能の一つですよねぇ。


長過ぎる夏でした…と言えそうですねぇ^^;


Illustrator:木目調のシンプルな学習机を作成する

上から見た机


 木目調のシンプルな学習机を作成します。
真上から見た構図なので、簡単な形で作成出来ます。まずは机から。

Create a Students Desk in Top View Using Simple Shapes and Textures

タブレットとメモは作りませんでしたが、鉛筆はなんとか作成しました。ペンケースは以前に作成したもの。
タブレットは…過去に作った記憶があるけど…^^;

こんな感じのあまり物が散乱していない机なら、仕事がはかどりそうです…(ウソ)

photoshop:ウォータースプラッシュ素材でテキストエフェクト

輝くスプラッシュ


 最後の水がキラキラしたような感じはブラシ素材の様です。
素材を活かすテキストエフェクトだと思います。

Create a Glowing Liquid Text with Water Splash Effect in Photoshop

書いて通りにあるので、出来そうですが、素材を活かす前の「イメージする事」が大事だと思います。
参考にしたいと思います。

水しぶきは、スマートシャープで仕上げました。



Photoshop:アクションパネルを使いこなそう

ヒストリー


 アクションパネルの使いこなしの基本です。
特に以前のバージョンとの変更点はないですが、便利なヒストリーブラシの使い方が紹介されていました。
チュートリアルは動画です。

Explore Your History Panel 

ヒストリーは作業の保存出来ませんから、ヒストリーオプション、保存時に新規スナップショットを自動的に作成は閉じてしまうと残りません。
作業を残したい場合はレイヤーカンプか別名で保存。

昼間の暑さは相変わらず、夜がしのぎやすいですねぇ。

Illustrator:改ページバーを作成する

ページネーションバー


 改ページのUIを作成するTipsです。
アピアランスパネルの使いこなしが主です。

Quick Tip: Create a Simple Pagination Bar using the Appearance Panel

便利なパネルを使いこなしは、必須ですもんねぇ。
基本ですが、基本的な操作が作成のヒントにつながります。こなしておきました。

秋は新商品も出そろい、在庫処分で結構、安くなってるものもあるみたいですね。必要なもの意外買わないけど…。

Illustrator:MeshTormentorで作成するハートの雲

メッシュハート


 Mesh TormentorというIllustratorのプラグインソフトで作成します。
プラグインは無料ですが、英語表記になります。
バージョンは、CS6対応していました。

Illustrator tutorial: How to Create a Vector Cloud using Gradient Mesh Tormentor

もともと、メッシュのポイントが複雑なものをどうにかするんですから、使い慣れないとうまくいかないと思います。
英語表記で使いにくかったですが、使っていくうちに仕組みがだいたい理解出来そうです。
入れて、損しないとは思います。

台風が過ぎれば、涼しくなるはず^^;

Photoshop:磨き上げた石のテキストエフェクト

磨かれた石のテキスト

 
 磨かれた石様なテキストエフェクトです。
先日もIllustratorで、石を作成しましたが、今度は違う石の素材です。
マーブル模様の部分は同じ数値入力では似た様にはならないと思います。 

Polished Stone Text Effect

塗りを透明にするレイヤーがあるようです。
翻訳は詳しくしてませんが、そうでないと出来ませんでした。

石…焼き芋はまだ出番は無い。


Photoshop:簡易ライターを作成する

簡易ライター


 簡易ライターを作成します。
今の簡易ライターはライター規制とかで、レバーが固くなったりしています。
Illustratorで出来そうですが、今回はPhotoshopです。新規書類は72ppiで。

How to Create a Lighter Illustration from Scratch in Photoshop

細かい芸が途中でなんだかわからなくなりそうでした。どれをスマートオブジェクトにするのか、わかりにくかったです。
後で考えたら、シェープで正解です。
Illustratorの方がいい様な気がするけど、これはこれで面白いと思います。

作っていて、とっても感心してしまいました。


Illustrator:リアルな小石を作成する

小石


 リアルな小石を作成します。
パターンよりシンボルを使った方がいい様です。
便利なプラグインのチュートリアルの様ですが、なくてもなんとか出来ると思います。

Realistic Vector Sand and Pebble Texture Tutorial Using Phantasm CS and Adobe Illustrator

砂地の様な背景は隠れてしまいました。
リアルに作成出来ました。
小石にドロップシャドウをつけますが、暈さない方がいいかもしれません。

夕方になるとトンボが飛んでいました。赤トンボのように見えましたが違うと思います。夕日に照らされて赤に見えたかもしれません。



Illustrator:レイガンを線画で作成する

レイガン


 光線が出そうなコミカルな銃です。
コミカルなレイガンが紹介されてるサイトも素敵です。

How To Create a Vector Linework Ray Gun Illustration

毎度の事ながら、確認の為に似た様につくってしまいましたが…
コミカルな銃を紹介しているサイトが頭から離れません^^


殺人兵器は嫌だなぁ。

Illustrator:プログレスバーを作成のTips

プログレスバーtips


 アピアランスパネルでプログレスバーを作成のTipsです。
透明度を上手く使うようです。チュートリアルは動画です。

Create a Brightly Colored Progress Bar Using Transparency Settings and the Appearance Panel

完成したプログレスバーをどの様に作成するか、作成する前に計算が出来れば…今後の作成に役に立ちそうですね。
結構、気がつきません。基本でもこなしておきました。

軽い運動すると本当に頭が冴えるみたいです。夜は少しだけ涼しいです。皆さんオシャレなウェアを着て河川敷をランニングしていました。鴨の群れも少しだけ戻っていました。

Illustrator:チョコレートアイスキャンディを作成する

アイス


 おいしそうなチョコレート風味のアイスを作成します。
かじられた所のチュートリアルは省略されています。

Create tasty Chocolate Ice Cream in Adobe Illustrator

違うかじり方にしようとしましたが、かじり方がワイルドになってしまいました^^;
見本の様な、奇麗な歯形がよかったですねぇ…^^;

冷凍庫にアイス以外の冷凍食品や氷が占拠されてるので、節電にはなってないと思う…。

photoshop:ネオンテキストを作成する

ネオンテキスト


 ネオンテキストエフェクトを作成します。
スタイルファイルをクリックするだけで、すぐ出来る…わけではない様です。

Quick Tip: Create a Neon Text Effect in Photoshop

とても親切に解説されていると思います。
翻訳しなくても出来ました。

30度の気温が涼しいと思ってしまいます。34度や32度はもうたくさんでございます。

Photoshop:古めかしい金色に輝くテキストエフェクト

金のテキストエフェクト


 古めかしいテイストの金色に輝くテキストエフェクトです。
フォントが太く少し崩れた感じのするものを選んでいます。パターンは…リソースファイルをダウンロードという事です。

Quick Tip: Create a Shiny, Gold, Old World Text Effect in Photoshop

たくさんスタイルがかかっていますが、大胆にかける所の変化がヒントになると思います。

もういくらなんでも、夏は衰えるだろう…。^^;;

Illustrator:ファンタジーな世界のポーションを作成する

マジックなフラスコ


 ファンタジーな世界のポーションを作成します。
Illustratorは基本はベクトルですが、表現の幅のバリエーションがあります。
チュートリアルでは、そういう事をされてると思います。

Create a Fantasy Style Potion Illustration with Gradients and the Bristle Brush

意外に面倒です。
形は簡単ですが、透明を上手く使わないと、似た様になりません。

コンビニのおでんは、まだちょっと早い…。

Photoshop:樹木を作成する

樹木


 樹木を描きます。 
ドローイングでよく描くテーマですね。
チュートリアルは画像貼付けですが、翻訳しなくても大丈夫かもしれません。

Painting Trees or Bushes with Photoshop - Tutorial

この手のドローイングは、Photoshopなどで描いているのを見かけますが、皆さん、何方もとても上手ですね^^
タブレットがないと描きにくいのはいうまでもないです。

Acrobatで詳細翻訳したはしましたが、^^;描いてみない事にはわからない…というのは万国共通です。

Illustrator:ブレントで作成するキノコ

きのこ


 ブレンドで作成したパーツを陰影にして、キノコを作成します。
チュートリアルは動画です。面白い作成のやり方です。

Create a Cool Mushroom in Adobe Illustrator - Vectology.com

ワープツールを自由に使いこなしていました。
参考にしたい作成ですね。
私は、キノコの影を(乗算の部分)残してみましたが、無い方がよかったですね。
チュートリアルの方が正しいと思います。
その他のチュートリアルもとても良いですね^^

描画モードにためらいが…かけてみないとわからないんですねぇ。



Photoshop:黒板で描かれた文字

黒板


 黒板に描かれた文字を作成します。
作成のやり方はブラシで描く所まで、イメージ出来そうです。

Chalk Text Effect

ブラシの設定の乗算…。って大事なポイント。作成してみないとわからない事があるんですねぇ。

昼間はどうしようもないですが、夜はしのぎやすくなりました。クーラーに頼り過ぎるとどうも身体が怠くなります。

Illustrator:傘を作成する

傘


 傘を作成します。
細かそうですが、丁寧に作るという事だと思います。
傘の形のアタリは、そのままで作成してみたいと思います。

Use a Basic Polygon, 3D Rotate & Gradients to Illustrate an Umbrella

傘の形ってシンプルなんですが、骨組みがありますから、デッサンが狂うと傘には見えませんもんねぇ。
Illustratorの基礎や、傘の形も知れて一石二鳥です。

今年の夏の雨の降り方が尋常ではないですねぇ。

Illustrator:3D押し出し·ベベルを使ったテキストエフェクト

ブレンドのテキストエフェクト


 3D押し出し·ベベルを使用したとても存在感のあるテキストエフェクトです。
ちょっと、複雑な作成の部分もあるようです。

Create a Dark Text Effect, Using 3D Extrude & Bevel

どうして欲しいか、読み解かないと、途中でわからなくなってしまいます^^;
なんとか、出来ました。


日は短くなりましたが、9月なのに、気分はずーっと夏。

Photoshop:リアルな揺らぎが湖面に反射している効果

水面リフレクト


 湖面に反射している様に仕上げるPhotoエフェクトです。
チャンネルで加工します。以前同じやり方で作成しましたが、復習ですね。

A realistic water reflections photoshop tutorial

何度もフィルタをかけないと、水面の揺らぎ具合が納得のできるものができません。
スマートオブジェクトにしてフィルタをかけた方が良いと思います。
英語をちょこっと、読めないとわかりにくいです。

英語は学生の頃自慢出来る成績ではありませんでした。それでも大丈夫レベル。

Copyright © :::::みんなのブログ:::::
当サイトに掲載されている記事および写真、画像の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
2006~2016 minna no blog. All Rights Reserved. 



  • Designed by Fons
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。