:::::みんなのブログ:::::2014年01月

Illustrator:曲がった部分のグラデーションメッシュ

カップのパーツ


 曲がった部分のグラデーションメッシュの基本のチュートリアルです。
以前も作成しましたが、案外、わかりにくいと思います。
どのようにして曲がった部分を作成するか親切に解説されていました。

Working With Irregular Shapes in Gradient Mesh in Adobe Illustrator

グラデーションメッシュのパスの追加は、ペンツールのアンカーの追加で追加。
確認出来ました。^^

光熱費を見て、目玉が西川きよし師匠みたいになりました^^;


スポンサーサイト

Photoshop:リアルな宇宙空間を作成する

リアルな宇宙

  Photoshopのフィルタの中に、ノイズがありますが、それを効果的に使ってリアルな宇宙を作成します。
最初のドキュメントの解像度を決めておかないと、印刷用などの使い回しが出来ないと思います。
作るなら、大きめの新規書類かな…。

Make a Realistic Star Field

過去紹介した気もしますが、もう忘れてしまってます。…ノイズまで思い出します^^;
丁寧に解説されていますが、ノイズをかけてレベル補正をキツめにかけ、二枚重ねて深みを出す様です。
星はブラシでなく、おなじみの逆光ですね。

昨晩、食べたものは…「鍋」でした。覚えてるからどうやら大丈夫です^^;まぁ、ずっと鍋なんですけどねぇ^^;


Photoshop:夜の森に天使がいるシーン

森の妖精

 夜の森に天使がいる様な幻想的なシーンを作成します。
前回と同じ感じのやり方で、カラーバランスで全体のイメージを整えていく様です。

Create a Mystical Night Forest Scene with an Angel

モデルさんだけ使ってみて、後は違う写真素材で試してみましたが、独特のやり方の様な感じがします。
あまり、調整レイヤーをかけてしまうと、元の画像の良さがなくなり、荒っぽさが出てしまう気がします。
足らなそうな部分は、思いきって「絵」として書き加えた方がいいのかもしれません。

背景画像はこちらを使いました。
個人利用のみ非商用再配布出来ないとなっておりました。

一月のおめでたい月が終わりですねぇ。二月の節分でいろんな鬼と退治かなぁ。

Photoshop:鮮やかなオーロラの風景

オーロラ


 鮮やかなオーロラの風景を作成します。
調整レイヤー、カラーバランスを駆使して全体の色のイメージを整えていく様です。

Create a Vivid Winter Aurora Landscape

山の風景を別々にカラーバランスをとるより、グループにまとめた方が統一しやすいかも知れません。
色をイメージしたものに、コントロールするのは案外難しいと思います。

だんだん、暖かくなってきそうな気配が…^^;

photoshop:3D機能で作成するエレガントなテキストエフェクト

3dテキストエフェクト2

 明朝体のセリフが丸くカールした部分がちょっと変わった感じのテキストエフェクトです。
3D機能を少し、使いこなしていないとわかりにくいかも知れませんが、なんとか出来そうです。

Create an Elegant 3D Text Effect in Photoshop CS6

キルティングのようなテキスチャのメリハリがつきにくかったので、何度かやり直しました。
レンダリングに時間がかかります。他の作業なしで、パソコンが空いている時にしか出来ないと思います。

アリャ、模様がずれてました^^;

レンダリングが90%終わっていたら、間違いをなおす勇気が全く失せてしまう。使いにくい機能です。


Illustrator:マンゴーをグラデーションメッシュで作成

マンゴー

 マンゴーをグラデーションメッシュで作成します。
ざらついた表面もフィルタ等で表現していきます。

How to create a Realistic Mango in Adobe Illustrator?

Illustratorのフィルタは、Photoshopに重複する部分があるので、Photoshopでも同じテクスチャの様に使えるかもしれません。

小幅でランニングすると長めに走れるので、膝が痛まなくなりました。…全く、痩せませんねぇ^^;心臓が強くなっただけ^^;


Photoshop:金色の光沢をリアルに表現するテキストエフェクト

輝く金色のテキスト

 金色の光沢をリアルに表現するテキストエフェクトです。
ブラシで作成する部分とスタイルで作成する部分を上手に使いこなす様です。

Create an Easy Realistic Gold Text Effect in Photoshop

逆光を当てたい部分に作成するには、チュートリアルの様にするしかないんですねぇ^^;
丁寧な作り方だと思います。
私はスタイルで、ザックリ作ってしまうので、見習うべき所が数多くありました。

週末は急激に暖かくなるようです。日頃から不摂生な生活なので確実に体調は崩れそうです。


Photoshop:血の色の様なバラのハート

バレンタインハート


 血の色の様なバラのハートのグリーティングカードです。
クラシカルな仕上がりに作成していく様です。本当にドキッとするグリーティングカードですね。
写真素材はクレジットは必要だと思います。

Bloody Roses Heart Photoshop Tutorial

何かのイメージを作るとき素材を探さないと作れません。
モチーフのベースになる写真素材は(バラなどの植物)シェアするかデジカメでストックした方がいいと思います。

血の滴るチョコレートは食べたくないなので、血は作りませんでした。^^;

photoshop:カラフルなダブルトーンに作成する

girl.jpg


 カラフルなダブルトーンに作成します。
ダブルトーンなので、本来のグレースケールに変換して作成する意味と少し違う様です。

How To Create a Colorful Fluoro Duotone Photo Effect

網点の印刷した様に見せると言う事だと思います。
最初のドキュメントのカラーモードと解像度を決めておかないとダメな様な気がします^^;

こちらではインフルエンザが大流行です。手荒いをしてから、うがい。ばい菌のついた汚れた手で、うがいをしては意味ないですもんねぇ。




Photoshop:古い写真のレタッチ

カラーモノクロ


 古い写真の傷をレタッチするチュートリアルがまとめて紹介されていました。
モノクロの写真に色付けするのは、描画モード→カラーですが、他のやり方も紹介されていました。

Old Photo Retouch and Repair Photoshop Tutorials

写真のレタッチは、Photoshopの基本だと思いますが、ツールだけ使いこなしておけばいいと言うわけでもないんですね。

写真

Japanese woman, possibly Geisha / UW Digital Collections


適当に色を入れているので、本来の色ではないけど。


Illustrator:シュレンク管の様なテキストエフェクト

化学実験


 シュレンク管の様なテキストエフェクトです。フラスコでもなし、アレですね^^;
透明を表現していきます。
パスファインダでパーツを丁寧に前回と同じく作成していくやり方です。

Create a Chemistry Tubes Text Effect in Adobe Illustrator

チュートリアルのわずかの所で、間違いがありますが、気にしてはいけません。
教えてもらっている事を忘れてはいけません。間違った所を見つけるのも楽しいスキルのうちです。^^;

とても丁寧な作り方だと思います。

大人になるとシュレンク管なんて単語が出てきません。日用品でも無いし^^;

Illustrator:UFOを作成する

ufo.jpg


 UFOをグラデーションメッシュで作成します。
なんだかとても凝った作成のUFOですね。
パスファインダで影になるパーツを丁寧につくっていくやり方のようです。

Create a Detailed, UFO Illustration in Adobe Illustrator

記事を読みながら、すすめているので2時間では出来にくいです^^;
時間を意識せず、テクニックをおさえていけばいいと思います。

少しだけ、陽が長くなった気がする。気のせいかな。



Photoshop:モコモコしたタオル地の様なテキスト

モコモコしたタオル地


 モコモコしたタオル地のようなテキストエフェクトを作成します。
ノイズをかけてモコモコした感じの凹凸を出していく様です。

Striped Fuzzy Text Effect

大きめのサイズで作ると、ブラシの設定数が違ってきます。
暖かそうで可愛いテキストエフェクトですね。

こんな素材の腹巻きを着用しています。縞じゃないけど^^;





Photoshop:ラップでコーティングした様な効果

艶の表現


 フィルタ→ラップで、コーティングした様な効果には出来る事はだいたいは理解出来そうですが、リアルな質感に仕上げていくtipsが紹介されていました。
モデルさんの写真は商用には使えないので、他のテーマで作成しても面白い効果がでるかもしれません。

Plastic Wrap

生物などの写真は、艶かしくなるので無機質な石像で試してみました。
ラップ→クロム→プラスター→エッジの光彩。

後半のスパイクの様なものは作りませんでしたが、シワを変形で上手く表現されていました。

写真はこちらを使いました。

お正月の怠惰な食生活で、体重は消費税より前倒しで増税です。








Photoshop:写真を水彩画に

冬の家
テスト水彩


 写真を水彩画の様に加工します。
チュートリアルはある程度のヒントが記載されています。この通りの数値では上手くコントロール出来ないかもしれませんが、フィルタのかけるメニューはこれでだいたい作れると思います。

Transform Photo into Watercolor Painting

小さいサイズの画像でしたら、このチュートリアルのやり方で大丈夫だと思いますが、印刷物に耐えうるサイズだと、暈し(詳細)にした後、フィルタギャラリーでテクスチャを加えないと水彩画の様にならないと思います。
線画を強調するには、輪郭抽出、乗算、スマートオブジェクト。

写真はこちらを使いました。
元ある諧調の豊かなピクセルから引き算をするので難しいと思いますが、個性的な画像が作れると思います。

諧調が無いフラットものは、違う掛け具合になると思います。

Photoshop:雪が降るシーン

冬の家に


 雪の降るシーンに作成します。
数値は参考にして、解像度の違う写真にフィルタのかけ具合を調節するのが作成のコツだと思います。
幾つか、雪を降らせるチュートリアルを作成しましたが、このやり方もいいですね^^

Learn How to Add Snow to a Photo in Photoshop

写真はこちらを使いました。
ブラシをあまり使わず出来そうですね。

ますます、寒いです。吹雪は写真だけ降らせて終わりにしたいですね^^;


リアルな質感のレトロなラジオ

レトロなラジオ


 リアルな質感のレトロなラジオを作成します。
Illustratorでパスを作成した後、Photoshopのシェープで形を整えていきます。

DRAW A REALISTIC RETRO RADIO USING PHOTOSHOP AND ILLUSTRATOR FROM SCRATCH

形は左右対称なので、パスの形を作成するのは難しくないです。
親切なチュートリアルですが、根気を試されると思います。

休日の時間のある時に、楽しみながら作れると思います。

Photoshop:リアルな影を3D機能で作成する

3Dテキストエフェクト影


 テキストエフェクトを作成する時に、欠かせなくなった3D機能のリアルな影のつけ方です。
テキストの字形が違うと、数値はこの通りにならないとは思います。

Tutorial: Realistic Shadow

照明の角度で全く違う影の表情が出来るんですね。

自転車だと向かい風が冷たく、怪しい泥棒にしか見えない目出し帽をかぶりたくなりそうです。


Photoshop:切り抜きのエッジの映り込み

dog合成


 写真合成で切り抜いた部分のエッジの処理についてのTipsです。
背景が鮮やかなグリーンになっていますから、切り抜いた部分にもグリーンの色を反映して自然な仕上げにする…ようです。
チュートリアルは動画です。

Blend Multiple Images Better With the Edging Technique

ブレンドモードはカラー。
切り抜きのスキルも、もう一度おさらいですね。

ブレンドの不透明度は20%にしてわかり易く作ってメモ。



Illustrator:アルファベットパスタのテキストエフェクト

alphabet.jpg


 アルファベットのパスタの様なテキストエフェクトを作成します。
影になる外側になるパーツと内側になるパーツを作らないとダメな様です。
複雑な複合パスの編集がポイントだとは思います。

Create an Alphabetti Spaghetti Text Effect in Adobe Illustrator

アルファベットのパスタは食べた事がないです。
トマトスープの上に並んだ様な感じがしますね。

タブン、食べ物を粗末にしてはいけない…だと思います。

Photoshop:ビンテージ調の冬のオーナメント

スノーフレークビンテージ


 クリスマスのオーナメントをビンテージ調のメッセージカードに作成します。
もう、クリスマスはすぎてしまいましたが、くすんだ様なグリーンとの色の組み合わせが面白いですね。

How to create Vintage New Year Card with Christmas Decorations in Adobe Photoshop CC

Illustratorで作らない様にして、両方の良さを理解する事が出来ました。

雪の結晶をシェープで作成する時に、塗りとストロークを逆にすると、パスが複雑なのでエライ目にあいました。
単純な自分の操作ミスなんです^^;

寒〜〜〜っいですねぇ。恐らく今月の光熱費を見て、高血圧でなくても倒れそうになりそうです^^;

Illustrator:スケートをする女の子

スケートの女の子


 スケートをする女の子を基本的な機能で作成します。
関節がなしで作成するので、ずんぐりむっくりにならない様に作成していきます。

Create a Skating Girl With Basic Shapes in Adobe Illustrator

冷たい氷の上を楽しそうに滑る可愛いキャラクターができました。^^
黄色い二重に作成する線は、アピアランスでグラフィックスタイルに登録するといいと思います。

そう言えばもうすぐ、ソチ5輪でしたっけねぇ。数の多い消費税8%ばかり気にしていました。




Photoshop:エンボスのかかったロゴ

エンボス加工のテキストエフェクト


 スタイルでエンボスのかかったロゴを作成します。
チュートリアルは動画でわかりやすく解説されています。

Photoshop: How to Create Your Own Fantasy-Action, Video Game Logo

便利なスタイルですが、エンボスのシゼルハードかシゼルソフトにすると、どう頑張っても変なシワが出来てしまいます。
webサイズでしたら、誤摩化せるかも知れません。

3D機能で作成した方が奇麗だと思います。

上はPhotoshopの3D機能とスタイルです。所謂、面妖なシワみたいな…^^;



暈かしのある奇麗なパターンを作成する

暈かしが奇麗なパターン


 暈かしのある奇麗なパターンの壁紙を作成します。
暈かした画像にノイズを別レイヤーでいれるのがコツの様です。
ノイズが多すぎてもダメだし、少なすぎてもダメだと思います。


How To Create an Easy Abstract Blur Pattern Design

パターン作成にはIllustratorの方が早いと思います。
私もIllustratorで作成しました。
わずかしか使わないですが、正確に美しく仕上げるにはIllustratorで作ってしまった方がいいです。

加減って難しいですね。

Photoshop:昼間のシーンを夜に

night.jpg


 昼間のシーンを夜に作成します。
トーンカーブ使って、暗めにしてから、更に暗さの演出していきます。

Change the Time of Day with Photoshop

今回はこちらの写真を使ってみました。
幾つかの調整レイヤーを加えて色を加えていくと面白いと思います。

寒いので動きがまるで鈍いです。本当にコタツムリになりそうです。ヤバいです^^;

Photoshop:クイック選択ツールで写真を合成する

motocross.jpg


 クイック選択ツールを使って写真を合成する基本的な使いこなしです。
切り抜きは様々な切り抜きのやり方があるとは思いますが、そのうちの一つですね。

Removing Image Background using Masking in Photoshop CS6

タイヤのホイールの部分を切り抜くのは、選択しにくいのでレイヤーマスクにして切り抜くより、写真そのものを焼き込みにしてしまうといいとは思います。
このケースの場合のバイクは、背景は空がバックでした。

文字やホクロが無いモノを水平方向に反転。


Photoshop:鉄素材の様なテキストエフェクト

鉄素材のテキストエフェクト


 鉄素材の様なテキストエフェクトです。
スタイルでエンボス加工して行く所まで、イメージが出来ます…後は教えてもらいましょう^^;

Learn How to Create Iron Text Effect in Photoshop

レイヤー塗りなしを重ねて、深みを出しています。
背景は別ですが、スタイルの素材はデフォルトである素材で出来ると思います。
鉄らしく作る事が出来ました^^

正月休みは終わりました。消費税8%にむけて鋼鉄の様に、お財布の中身を固めていきたいと思います。


Photoshop:ディザ合成で作成する光り輝くテキストエフェクト

ディザテキストエフェクト


 ディザ合成で作成する光り輝く様なテキストエフェクトです。
細かい粒子の様な表現がディザ合成になっている様です。

Create Glowing Text Effect in Photoshop

画像の解像度でディザの粒子が左右されてしまいます。
面白い使い方ですね^^

楽しいお正月も終わりに近いです。インスタントでなく出汁からとったお雑煮をたくさん食べました^^


Photoshop:錆びた様な金色のテキストエフェクト

金色のテキストエフェクト2


 錆がある様な金色のテキストエフェクトです。
照明効果の使い勝手が過去のバージョンになっていました。
違うやり方で作らないと出来なさそうです。

Create an Advanced Eroded Gold Effect in Photoshop

スタイルで作れそうですが、錆びになるテクスチャが複雑すぎて同じ様にはなりませんでした^^;
新年に金色が映えますね^^

食べ過ぎて苦しい幸せなお正月でした。

Copyright © :::::みんなのブログ:::::
当サイトに掲載されている記事および写真、画像の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
2006~2016 minna no blog. All Rights Reserved. 



  • Designed by Fons
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。