:::::みんなのブログ:::::2014年08月

Photoshop:幻想的なコントラストの高い風景に仕上げる

ランドスケープ


 幻想的なコントラストの高い風景に作成します。
写真のイメージを少しだけ、加えていくだけで、違ったイメージにしてきます。

How To Intensify Your Landscape Photos in Photoshop

どの写真を選ぶかで、おおよそが決まってしまうので、写真を見る事の方が大切だと思います。

夏休み最後の休日ですね。既に…イモ、栗…ナシ…秋の味覚が待ち遠しいです。



スポンサーサイト

Illustrator:2重に重なった3Dテキストエフェクトを作成する

二重の3D

 二重に積み重ねた様な3Dテキストエフェクトを作成します。
アピアランスを分割して、作成するやり方のようです。
分割すると、レイヤー内の部分を整理して作成しないと上手く出来ないと思います。

BAM! Your Own 3D Vector Text In Under Two Hours

やり方はシンプルですが、グループの部分を解除して整理だと思います。

夜は秋らしい風が吹いてきます。^^日中はまだ、暑さが残るらしいです。


Illustrator:プレッツェルの様なテキストエフェクト

Pretzel-Text-Effect2.jpg


 プレッツェルの様なテキストエフェクトを作成します。
焼けた部分が香ばしそうなテキストエフェクトですね^^

チュートリアルのファイルはダウンロード出来るようです。

Create a Tasty Pretzel Text Effect in Adobe Illustrator

背景を透明マスクされていました。
どっちの部分がどう透明にするのか、ややこしいのですが、同じ様にしないと背景は白しか使えないですね。

プレッツェルというと、長細い方しか思い浮かびません^^;

Photoshop:透明な部分の切り抜き

iStock_000013225547Small.jpg

 透明な部分のニュアンスを切り抜きます。
「透明な部分」ですので、チャンネルを使って切り抜きを行ないます。
サンプルの画像は、個人利用のみです。

Extracting Transparent Elements

チャンネルコピーした部分を幾つか、レイヤー複製。
今回もいい事を、教えてもらいました。簡単で正確。

切り抜きのやり方のバリエーションを増えました。^^

とても過ごしやすくなりました。優しい気持ちになれます^^


Photoshop:砂地に描いたリアルな文字

砂に書いた文字


 砂地に描いたリアルな文字を作成します。
流木で描いた文字が、砂で浮き上がっている感じの部分も表現しています。

今回はこの部分を作らないと、リアルに仕上がらないようです。

How to Write in the Sand in Adobe Photoshop

描画モードを巧みに使っていると思います。
とても参考になりました。

暑かった夏休みも終わりですねぇ。シミジミ


Photoshop:雪山のテキストエフェクト

iceシーン


 雪山シーンで凍った様なテキストエフェクトを作成します。
雪原の写真はお借りして、3D機能を使わないで作成します。

HOW TO CREATE A DRAMATIC ROCK FORMATION

モデルさんの写真は入れませんでしたが、雪山の調子を整えるのが難しいと思います。

真夜中、酷い雷雨だったようですが、意識無しで熟睡。

Illustrator:数ステップでプログレスバーを作成する

プログレスバー2

 シンプルな形のプログレスバーを短時間で作成します。
複雑そうに、見えますが、奇麗に仕上がるように工夫されてると思います。

Your Own Download Meter Vector in Under 20 Steps

クリッピングパスをしないと、陰影が奇麗に見えません。
短時間でも、丁寧な作業を要求されます。
過去に、プログレスバーを作成しましたが、考え方は同じだと思います。

雨の降り方が、大盛りです^^;異常気象。



Photoshop:フリップ文字盤のようなテキストエフェクト

フリップ

 フリップ文字盤のようなテキストエフェクトを作成します。
フリップのパーツの中央、テキストの仕上げはマスク処理はしていません。
描画モードをコントロールして作成します。

Flip Fonts Effect

背景が黒以外でも、スタイルがこの通りであれば、大丈夫でした。

やっぱり、日中は夏模様です^^;今年の夏も素麺で出来た夏のカラダです。^^;


Photoshop:チラシ作成の基本

test


 印刷で、チラシを作成する基本的な知識のチュートリアルが紹介されていました。
他の方が作ったデーターややり方を学べるのはなかなか無い機会です。
チュートリアルのデーターはダウンロードできます。

Design an Eye-Catching Voucher in Photoshop

塗りたしは3mmで。解像度は300。
カラープロファイルはUSだから、若干違うようです。

夜風がなんだか、涼しく思えます^^;厳しい暑さも少しマシになったのかな。お天気ばかり気になります。


Photoshop:コミック調に加工する

漫画っぽい写真に


 コミック調に人物の写真を作成します。
元あるイメージを平坦な感じにするのが、コツのようです。

Photoshop photo to cartoon effect

フィルタを使うのは、だいたい理解出来そうですが、Labをチャンネルに振り分けるのを使うって、面白い使い方ですね^^。
今日もいい事、教えてもらえました。

アニメっぽい背景は、描いた方が…^^;写真はある程度、描き加えた方がいいと思います。

Photoshop:波を合成する

test34.jpg


 波打ち際の写真に更に、波を合成していきます。
チュートリアルは動画です。
加えたい写真に、大きな波を混合ブラシで合成していきます。
繊細な写真を切り抜きで、チャンネルを使うところは私もよく使うやり方ですが、ちょっと変わったやり方で選択範囲をつくっていました。

Create a Wave Brush with Photoshop’s Mixer Brush

とってもいい事教えてもらいました。
切り抜きたい部分はレベル補正していましたが、画像操作でも出来ちゃうんですね^^
もちろん、違う写真素材でも出来ました。少し古めのバージョンでもOK。
使っていきたいと思います。

昼間の暑さは、まるで茹であがりそうでした。秋は本当に来るのでしょうかねぇ…^^;


Photoshop:アラビアンナイトの様なシーンを作成する

砂漠の月


 アラビアンナイトの様なシーンを作成します。
白い雲が印象ですね。絵と写真の間の様な感じです。

How to Create Vivid Arabian Night Composite in Photoshop

シルエットを真っ黒にしないようにしました。
暗い部分にも、少し光があたって幻想的です。

異常気象で大変な事になってる地域も…。暑い日がまた堪えますね。

Photoshop:夕焼けのシーンに作成する

sunset.jpg


 夕焼けのシーンに作成します。
レンズフィルタで赤くするのではなく、レベル補正で夕焼けのシーンに作成します。

Create a Sunset in Photoshop

サンプル写真が太陽が輝いてる部分が少ないので、満足出来ませんでしたが、レベル補正を重ねて補正していくなんて、とても参考になりました^^

お盆明け、ちょっとお疲れモードです^^;

Illustrator:キューブの形のアートワークに作成する

招き猫キューブ


 写真素材から立体キューブの形に作成します。
Illustratorのプラグインソフトを使うようですが、なんとかモザイクオブジェクトで使えそうです。

Insta-Art: Wow Your Friends with this Mosaic Vector Effect

強引にモザイクにしてみましたが、アクションで同じ工程で作ってみた物のキューブにならず、ちょっとだけややこしい事になりましたが、作る事が出来ました^^

招かざる猫になってしまいました^^;

お札の絵柄に作成するバリエーション

お札のように


 お札の絵柄に作成するチュートリアルやアクション(シェア)が紹介されていました。
以前、作成したやり方も紹介されていました。

Engrave Illustration Style Photoshop Tutorials And Actions

以前のやり方の方が奇麗な気がしましたが、他のやり方も足らない部分を作る時に役に立ちそうですね^^

イラストの様な線画でも出来ますが、写真の方が面白そうです。

Illustrator:段ボールのテクスチャ

段ボール


 段ボールのテクスチャを作成します。
効果の中のPhotoshop効果を使って作成します。

llustrator Special Effects #10: Cardboard Texture Background

線の部分に、シャドウをかけると面白い効果が得られました。^^
使っていきたいと思います。

古いHDDが認識せず、ダメもとでUSBの先を磨いたら認識しました^^;


photoshop:ステッカーがめくれた様な音楽アイコン

音楽のアイコン

 ステッカーがめくれた様な音楽アイコンを作成します。
グラデーションを上手く使ったチュートリアルになっていますね。

Create Sticker-like Music Icons in Adobe Illustrator

それぞれのパーツを丁寧につくっていく基本だと思います。
途中、透明の設定はオーバーレイじゃなく、乗算でないと同じになりませんでした^^;

お盆休みのんびり過ごしています^^夏の疲れがとれました。

Photoshop:基本的な顔のリタッチ

写真リタッチ


 基本的な顔のリタッチを紹介されていました。
暈すやり方で使われていますが、ただ単に毛穴を潰すので暈すというわけでもないようです。

How to Do Basic Retouching in Photoshop

最後はシャープに仕上げるんですね。
写真を作っていく感じがしました。

色々なやり方をいくつか、作ってきましたが、絶対このやり方でもないようです^^;
判断が難しいです。

週末はお天気が下り坂。今年は夏がとても厳しく秋が早めに来そうなのかな?


Photoshop:夕暮れのシーン、夜のシーン

lightエフェクトy
lightエフェクトb


 一枚の写真で、夕暮れと夜のシーンを作成します。
一枚で2度違うシーンができ、お得なチュートリアルですね^^;

How to Add Light and How to Darken Landscape Images

毎度の事ながら、違う素材でも、調子を見るのが、難しいですね。
いくつか、何度もつくって、判断していきたいと思いました。

モウそろそろ、ジョギングOKかと思いましたが、やはり暑い…。頭から湯気が出てたと思う。^^;


Photoshop:錆び付いたテキストエフェクト

サビのテキストエフェクト


 サビのテクスチャを活かしたテキストエフェクトを作成します。
写真の素材は、見方によって、色々な表情を見せます。
以前使ったもので、違う表現の仕方があると思います。

Pitted, Rusty Type Effect

素敵な写真素材を大切に使っていきたいと、常に思います^^
途中から、違うやり方で作りました。

台風の過ぎ去った後、嘘の様に爽やかなお天気。


Photoshop:海底のシーンを作成する

海底


 海底のシーンを作成します。
Photoshopの機能の中にあるフィルタで素材を作成していきます。

Create a deep sea scene in Photoshop

何もない新規書類から、素材が出来ていくので、欲しい部分が簡単に出来ました。
フィルタでつくった物を、そのまま何も調子を整えないで、使ってしまうと、いかにもつくった感じが残ってしまうと思います。

台風で本当に酷い目にあいました。東寄りに台風は行きましたから、東側の皆さんはご注意ください。



Photoshop:チョークで描いた様な効果

黒板


 チョークで描いた効果をまとめて、紹介されていました。(シェアあり)
以前、作成したものも含まれていましたが、今回はディザ合成するチュートリアルでつくってみたいと思います。

Chalk And Chalkboard Photoshop Styles And Actions

暈して、消している後を入れた方が、それらしくなりました。
足らない部分は、ブラシで描いた方がいいと思います。
チョークの様なブラシはデフォルトで出来ると思います。

台風で休日の墓参りも中止…^^;今のところ静かですが…嵐の前の静けさです。

Photoshop:写真を数ステップでドラマチックに

ドラマチックに仕上げる


 写真を数ステップでドラマチックに仕上げます。
ひいた写真より、アップの写真の方が成功すると思います。

Create a Powerful Emotional Effect for Your Portraits in 9 Easy Steps.

東洋人の顔でも大丈夫でした。
調子を見ていくのが、難しいと思います。

たった数ステップを理解するだけでも、様々な事を考えさせられました。

Photoshop:ガラスの様なテキストエフェクト

ガラスの様なテキストエフェクト


 ガラスの様なテキストエフェクトを作成します。
光沢の部分をレイヤー毎にスタイル分けして、作成していきます。

Shiny Glass Text Effect + Free Download

一発で、つくるなら、スタイルに入れると言うより、ステップ毎にアクションにして…かな。
とてもいいやり方ですね^^

お盆の墓参りは、台風大雨の予報…。勘弁して欲しい…。

Illustrator:Scriptファイルで作成するモザイクパターン

ikari.jpg


 Scriptファイルで作成するモザイクパターンでシームレスパターンに作成します。
パターンの元を作成するより、Scriptの使いこなしだと思います。
英語なので、ちょっとわかりにくいですね。

Create a Seamless Anchor Pattern in Adobe Illustrator

ブラウザのMacなら、optionを押して…ダウンロードするなんて、久しぶりです^^;
最初のドキュメントのカラーモードはRGBでなければ、Scriptが上手く作れないようです。

蒸し暑い日が続きます。アー暑い。本当に、ため息しかでません。^^;

Photoshop:シャドウハイライトでメリハリを

シャドウハイライト

 霞がかったような写真にメリハリをつけます。
シャドウハイライトを使って、調子を整えていきます。
確か、調整レイヤーの項目にはなかったので、レイヤーを複製ですね。

How to use shadow highlight to get impressive results

以外に忘れがちなメニューですが、このような感じの写真のケースなら、詳細な部分を引き出せると思います。
レベル補正は少しかけて、シャドウハイライトの中間部分のコントラストの数値を高めにしてみました。

蝉だけが元気よく鳴いている夏。暑中お見舞い申し上げます^^;



Illustrator:ローポリゴンを作成する

rabbit.jpg


 ローポリゴンで作成したイラストをCDのカバーデザインに作成していました。
今回はカバー作成は、しないで、ローポリゴンをIllustratorで作成したいと思います。
以前にも、つくりましたが、今回は写真を元に作成していきます。

Design a CD Cover in Low-Polygonal Grungy Style in Adobe Illustrator

下絵になる画像を、色を付けた状態にしておく方がいいと思います。
この通りですね^^

なかなか、やっている事が空回りで、数ミリしかすすんでいないけど…一応、進んでいる…^^;



Photoshop:雨のシーンに作成する

rainyday.jpg


 リアルな雨のシーンに作成します。
別の素材を使っても出来そうです。写真に素材を不自然さがない様に合成していきます。

Create a realistic rain effect

雨上がりにたたずむ写真がより雨のシーンの効果にしますね。
元のイメージの写真を活かす、チュートリアルだと思います。

週末、雨降りでしたから、行動範囲がまた狭くなりました^^;


Photoshop:大理石のようなテキストエフェクト

Concretetext.jpg


 グランジがある大理石のようなテキストエフェクトです。
プレートの部分をテキストで型抜きするところが、理解できているか…だと思います。

Grungy Marble Text Effect

素材は別のイメージでも同じ感じになります。
同じ色の素材でなくても、調整レイヤーで補正し、質感が同じ感じであればOKです。

暑いと室内にこもりがち。光熱費が恐ろしい事になってると思う…^^;


Illustrator:風車を作成する

風車


 風車を作成します。
パスファインダとグラデーションを使って作成していきます。シンプルな形に、狂いの無いパスを作成していきます。

Create a Propeller Pinwheel Illustration in Adobe Illustrator

元になる形を観察するところから、作らないと、らしさが出ないと思います。
チュートリアルの通りに作っても、体感で覚える事が出来そうです。

8月の乳製品、珈琲…値上げラッシュが凄まじい。


Copyright © :::::みんなのブログ:::::
当サイトに掲載されている記事および写真、画像の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
2006~2016 minna no blog. All Rights Reserved. 



  • Designed by Fons
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。