:::::みんなのブログ:::::2014年11月

Photoshop:ステッチのあるレザーテクスチャのアクション

ステッチ


 ステッチのあるレザーテクスチャのアクションが紹介されていました。
アクションファイルはフリーです。

Stitched Leather Photoshop Free Action

テクスチャを変えても、違うニュアンスが楽しめました^^
ダウンロードするにはアカウントが必要です。ファイルは再配布できません。

気がつけば11月も終ろうとしています。早いです。



スポンサーサイト

Photoshop:炎と錆のテキスチャのテキストエフェクト

炎のテキストエフェクト


 炎フィルタと錆のテクスチャで作成する燃えたようなテキストエフェクトを作成します。
CCから追加された炎フィルタを使います。

Create a Fire and Rust Text Effect Using the Flame Filter in Adobe Photoshop CC

錆のテクスチャは別イメージで作成してみました。
最後の暈かしの効果は、入れないものと全然違いますね。

こじらせると長引き、しかもお腹をこわす風邪が流行っているのだそうです^^;


Photoshop:棚の上の3Dテキストエフェクト

棚のテキストエフェクト


 棚の上のテキストエフェクトを作成します。
最初のドキュメントサイズが肝心ですね。

3D Letters on a Shelf Text Effect in Photoshop CC

ランダムにテキストが並んでる様にするには、3Dレイヤーを結合するまえに、テキストをランダムにしておかないとダメな様な…^^;

同じ数値入力にしたつもりが、棚の色が可笑しい…と気がついた時にはレンダリングがほぼ終り…^^;

Photoshop:青い色の輝く盾を作成する

青い盾


 青い色の輝く盾を作成します。
スタイルのエンボスでスチールの様に仕上げていきます。

Create a Shiny Shield in Photoshop

一つ一つの形は、同じものを選択範囲を縮小してるだけなんですが、丁寧な作業をしないと同じ様にはならないです。

休日はいい天気になりそうです。しかも冬なのにちょっと暖かい^^

Photohop:スノーテキストエフェクト

スノーテキストエフェクト

 雪で固めた様な質感のスノーテキストエフェクトを作成します。
テクスチャが無いと質感が出ないと思います。
質感ですね。

Simple 3D Snow Writing Text Effect

シンプルな中に、質感を選ぶ大切さをあらためて、知る事が出来ました^^

取材で撮った写真を無くしたと思い、冷や汗をかきましたが、トリプル保存している事が幸いし事なきを得ました^^;


Photoshop:リアルなペイント効果に

109079.jpg


 リアルなペイント効果に作成します。
油絵効果でない作成で仕上げていく様です。

How To Create a Realistic Painted Effect in Photoshop

油絵だと、いかにもフィルタをかかった様に見えてしまうので、あまり、いい感じには仕上がらないと思います。
ディデールのかけ具合の加減が難しいです。
作成のヒントにですね。

リアルすぎて写真との差がわかりにくいです。テクスチャを入れました。

Photoshop:終末の都市のシーンを作成する

アクションシーン


 終末の都市のシーンを作成します。爆発した様な感じを岩で作成し、カラーバランスと白黒で色相を整えていきます。

Apocalyptic City Explosion Photoshop Tutorial

写真は大阪の中之島近辺です。
調整レイヤーの色彩のコントロールが楽しい画像合成です。

大阪が色んな意味でパニック状態です^^;


Photoshop:カラースプレーかけのドーナツテキストエフェクト

ドーナッツテキスト


 カラースプレーかけのドーナツの様なテキストエフェクトを作成します。
浮き上がったソースの感じをスタイルで作成していきます。

Create Delicious Donut Text That Will Make You Hungry

同じ工程を繰り返して作成していくので、難しくはないと思います。
レイヤーの管理をしていくだけです。
可愛いテキストエフェクトですね^^

消費税でジワジワと家計の圧迫が…買い控えてますね^^;


Illustrator:秋の実りの木の実や木の葉

秋の木の葉


 秋の実りの木の実や木の葉を作成します。
パスで形を作成する時に、楕円や四角でベースになる形を組み合わせて作成していきますが、組み合わせの「気づき」が、案外できません。
他の方の考え方はとても参考になります。

How to Create Autumn Leaves, Berries and Chestnut Icons in Adobe Illustrator

一つのやり方に、こだわらずに、良いやり方を知る事が出来ました。

暖冬なのでしょうか。昼間は小走りに走ると汗ばみますね。


Photoshop:地図アイコンを作成する

map.jpg


 山折になっている地図アイコンを作成します。
折れ曲がっている様に、作成するには自由変形を使っていました。

How to Create a Map Icon Using Adobe Photoshop

確か、Illustratorで折った様に作成するには、エンベロープで前面のオブジェクトで作成するやり方があった気がします。
パスで作らないとダメなんですが。

Illustrator:シンプルな地図アイコンを作成する

風邪をひくと、長引くようです。注意したいですね^^;

Photoshop:雪を降らせるアクションファイル

1445159_86184224.jpg


 雪を降らせるアクションファイルが紹介されていました。
アクションはフリーです。

Create Snow Effect Photoshop Free Action

以前のチュートリアルで雪をフィルタを駆使して作成しました。
アクションの詳細は見ていませんが、ノイズをかかる部分は同じかもしれませんね。

Photoshop:リアルな雪の降るシーンを作成する

タイムリーなアクションファイルです^^クリスマスカードや年賀状に使えそうですね。



Illustrator:エンボスのかかったテキスト効果

test4.jpg

 過去、エンボスのかかったテキスト効果をアピアランスで作成しましたが、今回は効果の中の光彩(内側をつかって)やわらかな光沢のある感じで作成します。

Embossed Vector Text Style: Up Your Class in Minutes

数値を小さくして調節します。
透明の描画モードを他に変えても面白いと思います。

基礎の使いこなしでどう作成していくか、結構大事ですもんねぇ。


Photoshop:スマートオブジェクトで使ってペイントした効果に。

test3.jpg


 Illustratorでロゴ作成したものを、Photoshopでコピーペースト。
スマートオブジェクトにしてロゴのバリエーションを作成します。
ペイントした効果は以前作成しましたが、忘れちゃいます^^;

Create a Weathered, Painted Effect With a Vector Smart Object in Adobe Photoshop

拡大縮小を繰り返して、画像を合成したり、加工しますから、スマートオブジェクトは欠かせない機能ですね。

昨日は、初鍋でした。^^そろそろ、暖房器具が登場かなぁ。

Photoshop:スタイルで作成するチャンネルずれのテキストエフェクト

セパレートテキスト


 スタイルのなかの高度な合成をつかって「版ズレ」のような効果を作成します。
はじめのドキュメントはRGBで。
チュートリアルは動画です。

Photoshop: Create a Dynamic, Split-Colors Logo

色域が広いRGB。
印刷モードにすると色々と、おもしろい事に…^^;

なかなか、上手くいかず、空回りしている今日この頃です^^;



Illustrator:暈した効果のバックグラウンド

暈したシンボル


 シンボルに登録して、暈した効果のバックグランドを作成します。
グラデーションを透明で作成する所まで、作成のイメージが出来そうですね。

Easy Bokeh Vector Effects in 15 minutes or Less

透明の描画モードを変えてコントロールする所が、面白いと思います。
案外、気がつかないヒントかもしれませんね。

なかなか、良いアイデアが思い浮かばない時、身体を動かしてストレス解消^^;


Photoshop:青く発光した様なテキストエフェクト

発光3D


 発光した様なテキストエフェクトを作成します。
光が当った部分がとても奇麗ですね。同じ様な照明の当て具合でないと同じにならないと思います。

Create Luminous Text Using Photoshop 3D Layers

今回はそんなにレンダリングの時間は、かかりませんでした。
複雑な事はあまりしてませんが、どの部分の数値を入力するか理解して、作成するといいと思います。

ノイズがかかったところも、表現出来るんですねぇ。

手描きで文字のエレメントのスケッチ

text2.jpg


 手描きで文字のエレメントのスケッチをするは、デザイナーとしての基本です。
パソコンのテキストは、デザインの塊です。
手描きでレタリングする、ラフスケッチをする事の大切さを記事には書いてある様です。

Hand Lettering: Understanding Types of Type

案外、基本を忘れてしまい、物事の本質を失いがちです。
今日は、そんな事を考えつつ、記事は毎度ながら英語ですが、色々な事を考えさせられました。

考え方の基本は万国共通なんですねぇ。

Photoshop:エレガントでシンプルなメタリックなテキストエフェクト

metaltext.jpg

 エレガントでシンプルなメタリックなテキストエフェクトを作成します。
パターンを読み込んで、エンボスにテクスチャをつけると、メタル素材の様になる様です。

Create a Simple, Elegant Textured Metal Text Effect in Adobe Photoshop

最後の仕上げのグラデーションマップで、また違う表情に仕上がります。
本当にエレガントですね。

楽しい学祭が始まる季節ですね^^


Photoshop:グランジ素材を作成する

test2.jpg


 グランジ素材を作成するヒントです。
フィルタでベース素材を作成した後、ブラシで整える様です。

Create an Easy Seamless Grunge Texture Pattern in Adobe Photoshop

はじめのドキュメントは正方形にして、スクロール。
一から素材を作るには、工夫しないと作れないんですねぇ。
素材を大事に使いたいと思います。

暖かな日差しがとても心地いい日になりました^^


Photoshop:クリームがサンドしたケーキテキストエフェクト

cakeテキストエフェクト


 クリームがサンドしたケーキテキストエフェクトを作成します。
テキストが飛び出した様な感じは、アクションで作成していく様です。
少しずつ複製して、飛び出している様につくっていました。

Cream And Chocolate Cake Photoshop Text Effect

スタイルの素材は、サイズが小さいです。
大きなサイズには、むいていないと思います。

台風は、もうスタミナ切れのはず…^^;勘弁して欲しいです。もうすぐ鍋の季節なのに…。

Photoshop:飴細工のようなテキストエフェクト

text.jpg


 キャンディの様なテキストエフェクトを作成します。
スタイルで作成していきますが、解像度が違ってくると、エンボスの数値も変わってくると思います。

Candy Corn – Inspired Text Effect

テクスチャの解像度も、ドキュメントで決めた解像度でないと、不足してしまいます。
何に、使うのか決めてから、ドキュメントを作成ですね。

何でも、大きめに作っておけば安心です^^

Photoshop:クリスマスが待ち遠しい羊のような雲

moonsheep.jpg


 クリスマスが待ち遠しい羊の様な雲を作成します。
写真の調子を整えて作成になるようです。
今回、三日月のモチーフをお借りしてつくってみたいと思います。

CHRISTMAS DREAM. COUNT THE SHEEP AND HAVE A CHRISTMAS DREAM.

クリスマスツリーの様にするのを忘れてしまい^^;。枯れ枝の様になってしまいました。
それだと、思う様にちゃんと作らないと、ダメですよねぇ^^;

全体的な調子を整えるのが、難しく楽しいと思います。

連休のはじめ、冷たい雨^^;油断してると風邪をひきそうです。


Copyright © :::::みんなのブログ:::::
当サイトに掲載されている記事および写真、画像の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
2006~2016 minna no blog. All Rights Reserved. 



  • Designed by Fons
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。